いらない服を売るならネット買取サービスがオススメ!

いらない洋服の処分、どうされていますか?

 

まだ着れそうな服でも着てない服って多いんですよね。そうするとどんどん溜まっていて、タンスの肥やしになってしまい邪魔ですよね。

 

まだ着れるけどいらない服

 

かといってまだ着れそうなものは捨てるのはもったいない…そんなときにおすすめなのが買取サービスで売る方法です!でも、買取サービスなんてまだ利用したことがないし、よくわからない、、、という人のために、洋服買取サービスについて簡単に流れを説明していきたいと思います。

 

ネットで買取サービスを探す

 

まず、ネット上で買取サービスを行っている業者を探します。色々ありますが、最近は完全に無料で利用できるところが多いです。

 

その中で、良さそうな買取業者が見つかったら、買取サービス(査定)を依頼します。これもネットで簡単に申し込むことができますよ。

 

いらない洋服を段ボールに詰める

 

そして、早ければ当日、遅くとも数日以内に段ボール箱や袋などが送られてくるので、いらなくなった洋服をその中に詰めていきます。

 

梱包が終わったら、次にその洋服を買取サービスの会社に発送します。発送についてもまた荷物を引き取りに来てもらえるので、自分の家にいるだけで大丈夫です。

 

査定結果を待つ

 

発送後、買取サービスの会社が、送ったものの査定をしてくれます。自分の服がいくらで買い取ってもらえるのか、査定後に連絡がきます。

 

査定の結果、自分で買取金額の判断をして、売るものと返品を希望するものを伝えます。これもネット上でチェック項目など入力するだけのところや、メールで連絡するところもありますが簡単です。

 

振込みor返品してもらう

 

査定金額に満足したら、買い取ってもらったものの金額を口座に振り込む手続きをしてもらいます。業者によって違いますが、一部返品に対応しているところもありますし、まとめて買取or返品というシステムのところもあります。返品希望した場合は、数日程度で返送されてきます。

 

上記が、買取サービスの基本的な流れになります。

 

どうでしたか?買取サービスは査定無料ですし、意外と簡単にサービスを利用することができます。不要な服を捨てるよりリサイクル。処分するにしても罪悪感が少ないので、とってもオススメですよ♪

 

今おすすめの宅配買取サービスはこちら

 

 

いらない服、どうする?【みんなの体験談】

いらない服はシーズンの始まりに処分します!

 

もう着なくなったいらない服をどうするか・・・これはすべての女性に共通する悩みですね。

 

でも、若い女の子にはあまりそういう悩みはないと思うんですよ。流行にとても敏感でトレンドを外せない彼女達は、もういらないって思ったら簡単に捨てちゃいます。娘がゴミ袋に突っ込んだ洋服を「まだ綺麗なのに勿体ない・・」と拾い上げるお母さん、結構いらっしゃるんじゃないでしょうか?

 

年齢と共に捨てられない洋服は増えていきます。

 

捨てられない洋服

 

それは、お値段の張るものだったり、お気に入りのブランドものだったり、ベーシックなものだったりが多くなっていって、なかなか思い切れないからなんですね。

 

気に入って買ったはずなのに、手持ちのものとのコーデが上手くいかなかったり、着るタイミングがなかったりで一度も袖を通さないままのものもありますよね。

 

しかし買った数だけ処分しないと溜まっていくばかりですし、今年着なかったものはやっぱり次の年も着ないってことが多いものです。

 

そこで、衣替えの時に処分します。シーズンの始まりに昨年しまっておいた服を処分するのです。

 

一度も着なかったからと言って、買ったばかりの服はなかなか処分できませんが、一年たてば冷静に必要かどうか見極められます。それにシーズンの始まりだとショップには新しい服が飾られていて、昨年のものへの未練が薄れますからね(笑)今年の気分ってヤツです。

 

処分の方法ですが、ブランドもので着用回数が少なく美品であればオークションに出します。人気ブランドならば入札も多いですよ。

 

綿製品の物で、例えばピローケースなどが作れそうな可愛いプリント柄のスカートなどはザックリとはさみを入れて、必要部分だけ取っておきます。後は思い切って「エイヤ!」とゴミ袋行きですね。

 

たまに「捨てなきゃよかった〜」ってこともありますが、着ない洋服をキチンと処分していくことは、いつも身なりを気遣うという事だと思います。

(50代後半女性、大阪府)

 

いらない服はリサイクルショップもしくは部屋着に。

 

いらない服は、状態が良いものでしたらリサイクルショップに持っていきますね。

 

けれどもまあそこそこのブランドものであっても、やはり日常的に着ていた服となりますと、二束三文程度の値段しかつかないのですが、それでも「着ていない状態」にてタンスの中で場所をとっているよりは、何十円でも何百円でもお金になってくれた方が嬉しいですからね。ですからリサイクルショップに売りますよ。

 

本当は、ブランド物の洋服でしたら自分でインターネットオークションにでも出品する方がよっぽど良い値段がつくのですが、けれども正直に言いまして面倒臭いものですからね…。ですからインターネットオークションに出品する手間を考えたら、やっぱりいらない洋服はリサイクルショップに買い取ってもらう方向になるのです。

 

リサイクルのイメージ

 

そして、リサイクルショップでも買い取ってもらえないようないらない洋服は、部屋着へと活用します。ただしTシャツに限ってはということですけれど。

 

Tシャツは寝間着にもなりますけれど、ボタン付きのシャツですと寝間着には向かないですから、そこは泣く泣くゴミに出します。私は快適に眠りたいので、ひっかかるものがあるのがイヤなので。

 

新品で買った当時のことを考えると、Tシャツよりもシャツやブラウスの方が高値なのですよね…。けれども部屋着に着られないようないらなくなってしまった洋服は、それはもう泣く泣くゴミに捨てますよ。

 

最近では「はぎれ」として買い取ってくれるリサイクルショップもありますけれど、うちの近所にはまだないのでそれはもう泣く泣く捨てています。

(30代後半女性、北海道)

 

着なくなった洋服は賢くオークションで売ります♪

 

私は昔から気になった洋服が安かったらついつい買ってしまう癖がありました。

 

勿論、買った洋服の中でずっと気に入っていればずっと長く着続けますが、全部が長く着るわけではないので、そうなるとせっかく買った洋服が無駄になります。よく母親から、安物買いの銭失いと言われたものです。

 

さすがに今では若い時の失敗の経験が身に付いたのか、洋服を買う時はじっくりと考えて買う様になりましたが、それでもどうしても不要になる洋服って出てくるものなんですよね。せっかくお金を出して買った洋服なのでただ捨てるのも勿体無くて気が引けます。

 

沢山着続けて寿命だと思えたら心置きなく捨てる事が出来ますが、明らかに新品同様でまだまだ着れると感じた洋服はオークションに出品しています。オークションは自分で好きな価格設定が出来ますし、何より捨てる事が避けられて無駄はありませんし、おまけに売ったお金はお小遣いにもなるので一石二鳥ですよね。

 

オークションにPCから出品

 

ネットを使う前はリサイクルショップに着なくなった洋服を持って行ったりしましたが、オークション程の儲けにはならないので、やっぱりオークションが一番美味しいと思いました。売ったお金で新しい洋服を買えますからね。

 

ただ、いつもオークションで売れるわけではないので、長期出品していても中々落札されない場合は諦めて、よくデパート等で不要服の下取りキャンペーンを行っているのでそちらに出しています。被災地等に支援として送る為で、人助けにもなるので捨てるより良いです。

(30代後半女性、神奈川県)

 

いらない服は買取店(ブックオフ)で売却!

 

あまり着ないまま放置状態のいらない服が一時期溜まりに溜まってしまいました。

 

穴が開いているだとか、色褪せてしまったものは廃品回収で処分してしまいますが、まだ着られそうな感じの服は、まずは姉妹や知人に欲しいか聞きます。それでも貰い手がない服は、近所のブックオフに売りに行きます。

 

ブックオフで本を売るイメージ

 

ブックオフでは、本以外にも、CD、携帯電話、スポーツ用品、家電、そして服なども買取をしてくれます。そのことを知ってからは、服なども売りに行くようになりました。

 

ブランドものの服だけでなく、まだまだ着られそうなノーブランドの服も売ってしまいます。査定では、結構細かい部分までチェックされて、高く売れると思っていても、破損によって値が全くつかないこともよくあります。

 

逆に、安いと予想していた服が高く売れる場合もあるので、とにかくどんな服でも持って行くようにしています。季節や売れ筋などでも買取価格が違ってくるみたいですが、あまり詳しく知らないので、とにかくいらないと思ったら、すぐに売るようにしています。

 

最近では、ネットでフリマのように自分の服を売れるシステムもありますが、価格帯がよく分からないので、ほとんど利用したことがありません。発送したり、売れるまで保管しておく必要があるのも面倒だと思ってしまいます。

 

その点買取店なら、保管や発送する手間がありませんし、その日のうちにすぐにお金を手に入れることができます。私としては、買取店のがすぐに処分できていいので、毎回こちらの方を利用しています。

(40代前半女性、愛知県)

 

ダイエットしたら不要な服ばかりになった悲劇(>_<)

 

大幅なダイエットに成功し喜んだのもつかの間、ある日気が付いたんです。お気に入りだった服も、高い服もパンツもスカートも、今着るとブカブカでどうしようもないことに。

 

新しいサイズの洋服を買う楽しみとは別に、問題は着れなくなった服の処分方法です。知人にあげる事も考えましたが、ダイエット前の服ということもありサイズは少し大きく、喧嘩を売るようなものなので却下しました。

 

ダイエットで痩せてブカブカになった服

 

まず、新品同様のものは、隣町の生活困窮者支援団体へ。

 

気に入ったどなたかが着てくれたり、バザーで売って現金にもできます。とりあえず問い合わせをしてみると、今の季節に着る服のみでということだったので1つ受け取ってくださいました。

 

そして、どうにか売れそうなものや高かった服は古着屋さんへ持って行きました。初めて買取りしてもらったのですが、1着5円とか、3つまとめて10円とか、そういう値段ばかりで交通費のほうが高くついたような気がします。

 

たとえブランドものでも、相当いいブランドでなければプチプラ製品と変わりないみたいですね。これならネットオークションを自分で学んで売ったほうがマシだったかもしれません。

 

売れそうにないものはゴミの日に出すしかないなと思って縛ったのですが、よく考えたら洋服も布なのです。

 

触り心地で水を吸いそうなものを選んで、丁寧に切りわけ、周りを簡単に縫い、使い捨て雑巾も作りました。ロングスカートからはかなりたくさんの使い捨て雑巾が生み出され、白いTシャツなんかも窓のサン拭きなどで役立ちました。

 

雑巾にもならない場合は資源ゴミの日に出しましたが、そのころには一束もなかったと思います。いらないからとただ捨てるだけでは、どうにも勿体ないよなと思った事件でした。

(30代後半女性、岡山県)

 

いらない服は捨てる、リメイク、買取ってもらう!

 

普段着る服はファストファッションが多いのですが、いらなくなった服でもすぐに処分はできません。もったいなくてまた着るかもと思い、とりあえず大きいショップ袋などにまとめて入れてあります。

 

処分する目安は、2シーズン全く着なかったか、袋が服でいっぱいになってしまったら、思いきってまとめて処分します。

 

オークションに出品などすれば多少はお金になるのかもしれませんが、めんどくさいし服もくたびれているものが多いので、安く買ったものはゴミ袋行きがほとんどです。柄の可愛いものは切り裂いてプラハンガーにぐるぐる巻いて、ちょっとオシャレなハンガーにリメイクします。

 

ジャケットやコートなどは、単価もそこそこ高いものを買っているので買取してもらいます。ただ、その時に買取のお店選びと時期を間違えると損してしまいます。

 

近所のリサイクルショップ

 

一度、近所のリサイクルショップに持ち込んだら、ブランドは全く関係なく重さでの買取になってしまいました。しかも春先に冬物コートを持っていったので更に安くなってしまい、全くお金にならなかったことがあります。

 

田舎住まいであまり買取りのお店がなかったので、それ以来いらない服を処分する時はネットで調べた買取サイトを利用して売ることにしています。買取業者がダンボールを送ってくれるので、それに服を入れて着払いで送るだけなのでとても楽だし、近所のリサイクルショップで買取ってもらった時より、だいぶ高く査定してもらいました。

 

めんどくさがりの私にはこれは一番お得な方法です♪

(30代前半女性、福井県)

 

いらない服はリサイクルなどに出して処分しています。

 

私は数年前に断捨離を行い、洋服をかなり処分しました。その時に、いらない服は全体の3分の2にもなりました。

 

最終的には3分の1程度の洋服しか残らなかったので、全ての服がタンスやロッカーに納まり、今まで面倒に感じていた衣替えをしなくても済むようになりました。

 

そしていらない服が山のように出たのですが、そこからリサイクルできるもの、寄付するもの、捨てるもの、雑巾にするものに分けました。

 

リサイクルでECOなイメージ

 

まだ十分に着られそうな物はリサイクルに回すことにしました。リサイクルショップで買い取ってもらったことで、少額ですが臨時収入を得ることができました。

 

次に時代遅れのものや、少しだけ傷んでいるものなどは寄付することにしました。まだ着ることができるので、どこかの国で約に立ててもらえたら良いと思いました。

 

捨てるものには再利用ができない素材などの洋服を回すことにしました。綿や布などでできているTシャツなどは雑巾に回すことにしました。

 

Tシャツは黄ばんでしまったり、首がヨレヨレになってしまったものもあり、これらを雑巾にしました。他にも綿のシャツはボタンを取って、雑巾にしました。そしてボタンやファスナーなどは再利用できるので、裁縫箱に収納しました。洋服を片付けたことで場所も広くなりましたし、気分もスッキリとしました。

 

また、定期的に洋服を見直しして、いらないものがあれば、処分するようにしています。私はそれほど洋服には執着はないのですが、それでも着ない洋服が予想以上に多くあったことに驚きました。

 

いらない服、処分するまでは億劫ですけど、思い切って処分するとスッキリして本当におすすめです。

(40代後半女性、新潟県)

 

 

 

いらない服はネット買取で売る!【捨てるよりリサイクル】